ConoHa WingのSSL化の設定と確認方法、ワードプレスの設定

ssl ブログについて
この記事は約3分で読めます。
テレワークにおすすめのポケットWi-Fi

jetfiがキャンペーン中

  • キャンペーン期間は2/24まで
  • 大手3大キャリアの通信エリア対応
  • 最短翌日発送
  • 1日からレンタルOK
  • 30日以上なら1日130円
  • 1GB/日の大容量(5GB/日も選択可)

jetfiのお申し込みはこちら

ワークスペースをお探しなら

静かに仕事する場所をお探しなら
Hub Spacesのシェアオフィス
がおすすめ!

TK
TK
初めまして、TKです。ブログで稼いで生活しています。 海外と日本を行ったり来たりしているアラフォーの海外ノマドブロガーです。
困ってる人
困ってる人
  1. ConoHa Wingを使っていますが、無料独自SSL化のやり方が分かりません。
  2. SSL化してあるのに、ブログが「保護されていない通信」になっています。

こういった疑問に今回はお答えします。

TK
TK

現在ConoHa Wingでは、最初から無料独自SSL化されています。

確認方法を紹介しますね。

あと、ワードプレスの方で、URLの変更が必要です。

この記事はこんな人向けです。
  • ConoHa Wing利用している。
  • SSL化したい。
  • SSL化のやり方が分からない。
  • SSL化したのにエラーになる。
この記事を読むと
  • ConoHa Wingの無料独自SSLの設定方法と確認ができます。
  • SSL化したのに、エラーになる、鍵マークが表示されない
イマシカ君
イマシカ君

僕でもなんかできる気がしてきたぞー

ConoHa WingのSSL設定の確認方法

ConoHa Wingでは無料独自SSLをデフォルト(初期設定)で有効になっています。

なので、 ConoHa Wingのサーバーでの設定は必要ありません。

一応確認だけしておきましょう!

ConoHa Wingの管理画面

無料独自SSLの確認方法

ConoHa Wingの管理画面から、「サイト管理」>「サイトセキュリティ」>「独自SSL」>「無料独自SSL」をクリックしていきます。

無料独自SSLの利用設定

無料独自SSLの利用設定のところがONになっていて、「利用中」になっていれば、サーバー側でSSL化されています。

03独自SSL設定-利用中

 

ワードプレス立ち上げ直後(SSLの利用設定をONに設定したて)には以下のように表示されます。

02独自SSL設定-設定中

上記のように「設定中」が表示されていれば、10〜30分ほど待つと、SSL化が完了して、「利用中」に変わります。

ワードプレス側のSSL化の設定

ワードプレスのURL表示設定を修正します。
まずはワードプレス管理画面へ。

「設定」>「一般」

WPのURL変更01
左側のメニューから「設定」>「一般」と進みます。

URLの変更

WPのURL変更02
WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス(URL)のURLを変更します。
WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス(URL)共に、
https://〇〇〇〇.〇〇→https://〇〇〇〇.〇〇
と変更します。
変更が終わったら、一番下にある「保存」ボタンを押しましょう。
この操作を行っていないと、画像等のソースがhttpのまま(SSL化されてない状態)でエラーになってしまいます。
  • 画像がhttpソースの場合、ページは表示されるが、鍵マークは出ない。
  • CSSやJavaScriptなどのスクリプトファイルがhttpソースの場合、ページがブロックされて表示されない。
▼画像がhttpソースの場合
SSL化エラー
▼正しくSSL化できていると鍵マークが表示される
SSL化の確認
SSL化されていないデメリット
  • セキュリティの危険
  • 読者から信用されない
  • Googleからマイナス評価
  • SEOの順位に悪影響

ブログ・サイトを作る際には、きちんとSSL化を行いましょう!

【初心者向け】ブログ始め方、作成方法【写真でわかりやすく解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました